歯並びで悩んだら矯正歯科に行こう│歯から健康を考える

歯並びの矯正法

歯科

歯の裏側からの矯正

歯並びが悪いと、見た目の印象が悪く、良く食事で物を噛むことも困難です。群馬県桐生市の歯科医院には、歯並びを治す方法として舌側ブラケット矯正があります。この矯正方法は、歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーで歯を動かす治療です。舌側ブラケット矯正は、表側から矯正で使うブラケットが見えないです。そのため、矯正中の見た目の悪さが解消されるので、多くの方に人気があります。一昔前は、ブラケットが舌に接するので、装着に違和感を感じることがありました。しかし、最近の桐生市の歯科医院で使うブラケットは、とても小さいという特徴があります。なので、装着時の違和感は、以前と比べて、軽減されています。舌側ブラケット矯正は、矯正装置が見えるのが嫌で治療を躊躇していた方にお勧めします。

矯正中の注意点

舌側ブラケット矯正は、群馬県の桐生市の歯科医院で評判を呼んでいる矯正方法です。歯の裏側に矯正装置を装着することで、歯並びがきれいになります。とても桐生市の歯科医院で人気ですが、1つだけ気を付けることがあります。それは、通常のブラケット矯正と同じように虫歯になりやすいことです。そのため、食事を食べた後は、いつも以上に入念なケアが必要となります。矯正中に虫歯になってしまうと、ブラケットを全部取り外して治療をすることになります。そうなってしまうと、矯正治療が長引くだけでなく、費用も加算されてしまいます。歯を磨くときは、普通の歯ブラシ、ヘッドが小さめの歯ブラシ、歯間ブラシなどを駆使して、きれいにすると良いです。